s

メッセージ | バイオグラフィー | ディスコグラフィー | ギャラリー | コンサート情報

バイオグラフィー

林正子(はやし・まさこ)ソプラノ

東京都出身。東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程修了。安宅賞受賞。ジュネーブ音楽院ソリスト・ディプロマ取得。

  • 1998年、スイス・ロマンド・オーケストラのドイツレクイエム以後、オーストリアの音楽祭において、グスタフ・クーン指揮のナポリ・テアトロ・サンカルロ・オーケストラのヴェルディ「レクイエム」とイタリア国営放送「RAI」のコンサートなど、ヨーロッパでのコンサート活動をはじめる。
  • 1999年には「マスタークラス」(主演:黒柳徹子/銀座セゾン劇場) に出演。
  • 2000年、トゥールーズオペラ国際コンクール入賞。
  • 2001年五島記念文化オペラ新人賞受賞。
  • 2002年「コラボレーション・コンサート」にてH・アール・カオスと共演、ベルギー王立歌劇場と二期会の製作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」エーファ。
  • 2005年「フィレンツェの悲劇」ビアンカ、「神々の黄昏」(ワグナー/指揮:ゲルト・アルブレヒト)。
  • 2006年、「交響曲2番 復活」(マーラー/指揮:ゲルト・アルブレヒト)、「エグモント」(ベートーベン/指揮:ゲルト・アルブレヒト)、ハンブルグ国立歌劇場と二期会製作「皇帝ティトの慈悲」(モーツァルト/演出:ピーター・コンヴィチュニー)ヴィッテリア等を好演。
  • 2006年、「Russell Watson ゴールデン・ヴォイス」にゲスト出演、「コジ・ファン・トゥッテ」(モーツァルト/演出:宮本亜門/文化庁芸術祭大賞受賞作品)。
  • 2007年は、東京芸術劇場シアターオペラvol.1 「カヴァレリア・ルスティカーナ」にサントゥッツァ役、「交響曲第2番 ハ短調 復活」(マーラー/指揮:金聖響/大阪フィル)、また上高地での初の野外コンサート「“アリアの夕べ”林正子in上高地」に出演し、好評を得る。
  • 2007年8月、久石譲と新日本フィル ワールド・ドリーム・オーケストラの全国ツアー「There is the Time」にゲスト出演。
  • また、2006年より毎年、読売日本交響楽団「第九」に出演。
  • 2008年7月公開の映画「崖の上のポニョ」(監督:宮崎駿)のオープニング曲「海のおかあさん」にヴォーカリストとして参加。
  • 2008年8月、「久石譲 in 武道館〜宮崎アニメと共に歩んだ25年間〜」、久石譲&新日本フィル ワールド・ドリーム・オーケストラ「シンフォニック・ミュージカル」にゲスト出演。
  • 2008年11月、恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーション点燈イベント「Baccarat ETERNAL LIGHSTー歓びのかたちー」に出演(共演:アキコ・グレース)。
  • スイス・ジュネーブにて、リサイタル「Fantasma en suite」(スイス日本月間クロージングイベント)開催。
  • 2008年12月、「JAAF ATHLETIC AWARD 2008」ゲスト出演。

現在ジュネーブ在住。海外でもその実力は注目を集めている。

DISCOGRAPHY

詳細はディスコグラフィーのページをご覧下さい。

  • ミニアルバム 「FANTASMA Vol.II」 (SonyMusic) プロデューサー:立川直樹
    クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」をはじめ、レッド・ツェッペリンやエルトン・ジョン、ビートルズの名曲をカバー。
  • コンピレーションCD 「image」
  • ベスト盤「イマージュ・エッサンシェル」(SonyMusic)
  • コンピレーションCD 「Amazing Voices」(Sony Music)

OFFICIAL HP

http://www.masakohayashi.com/

OFFICIAL BLOG

音楽のしっぽ
http://ameblo.jp/masakohayashi/

お問い合わせ先

有限会社 axon entertainment
東京都港区南青山2-22-4-407
(03)3479-0616 / fax (03)3479-0617